クレジットカード現金化が疑われる人の特徴や対策を解説

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約に反する行為です。

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた場合の対処法や、現金化が疑われやすい人の特徴などを詳しく解説します。

またクレジットカード現金化をバレずに行う方法もご紹介していきます。

クレジットカード現金化が疑われる人の特徴

メンタルヘルスケアを受ける人

クレジットカード現金化が疑われる人の特徴は以下の通りです。

  • キャッシングを頻繁に利用している
  • 換金性の高い商品を大量に購入している
  • 過去に金融事故を起こしている

順番に詳しく解説していきましょう。

①キャッシングを頻繁に利用している

クレジットカードのキャッシングを頻繁に利用している方は、カード会社から目をつけられているので注意しましょう。

キャッシング利用者はお金に困っている方が多く、キャッシングが利用できなくなった場合にはクレジットカード現金化に手を出すと考えられます。

そのためキャッシングを頻繁に利用していた方がクレジットカード現金化を利用すると、すぐにカード会社に疑われてしまいます。

②換金性の高い商品を大量に購入している

ブランド品や新幹線回数券など換金性の高い商品をクレジットカードで大量に購入する行為も、カード会社に現金化が疑われる要因です。

換金性の高い商品を大量に購入すると、転売目的ではないかと疑われてしまいます。

クレジットカード現金化のためにブランド品などを大量に購入するのは控えましょう。

③過去に金融事故を起こしている

クレジットカードの支払いを滞納してしまったり、自己破産などの債務整理などの金融事故を起こしてしまっている方も、クレジットカード現金化予備軍としてカード会社に目をつけられているのでご注意ください。

①の理由と同じで、「お金に困っているためクレジットカード現金化に手を出す」と考えられています。

金融事故を起こしてしまっている方は、クレジットカード現金化をする際には注意した方がいいでしょう。

クレジットカード現金化が疑われた時の対処法とは?

時間に追われている人

続いてカード会社にクレジットカード現金化が疑われてしまった時の対処法を解説して参ります。

①クレジットカード現金化目的のカード利用だと言わない

カード会社にクレジットカード現金化が疑われると、まずカード会社から購入した商品について確認の電話がかかってきます。

「〇〇月〇〇日のクレジットカード利用をされていますが、何の目的だったのでしょうか?」

というように聞かれますが、クレジットカード現金化目的だったことは決して伝えてはいけません。

例え換金性の高い商品の購入だったとしても、カード会社はクレジットカード現金化をしたかどうかまでは分かりません。

あくまでも予想でしかなく、クレジットカード現金化を立証することはできないため、キッパリと否認さえしてしまえば、カード会社の追求を躱すことができます。

②購入した商品の情報を残しておく

購入した商品をすぐに転売し、手元に商品がない状態だとクレジットカード現金化が疑われてしまいます。

そのため購入した商品の写真を取るか、レシートなどは残しておきましょう。

もしもカード会社から購入した商品の内容について聞かれたとしても、すぐに答えられるようにしておくことが大切です。

③商品を購入した目的を考えておく

カード会社からの電話では、商品を購入した目的を必ず聞かれます。

そのためなぜその商品を購入したのか、現金化以外の目的を考えておきましょう。

一番いい答えは「家族や友人へのプレゼント」です。

プレゼント目的ならばブランド品の購入をしてもおかしいことはありません。

手元に商品が無くても、怪しまれることはないでしょう。

このようにクレジットカード現金化のために商品を購入する際には、もっともらしい言い訳を考えておくことが大切です。

クレジットカード現金化が疑われないための方法

クレジットカード現金化をするかどうかをチェックしている人

クレジットカード現金化をカード会社にバレないようにするには、クレジットカード現金化が疑われないようにするのが最良の方法です。

最後にクレジットカード現金化が疑われないようにするための方法をご紹介して参ります。

①キャッシングはなるべく利用しない

前述の通り、キャッシングを頻繁に利用している人は、クレジットカード現金化予備軍としてカード会社にチェックされてしまいます。

そのためできるだけ、キャッシングは利用しないようにしましょう。

可能であれば、クレジットカードのキャッシング枠をゼロにしてしまうのも1つの手です。

キャッシング枠はカード会社に問い合わせるか、会員ページから簡単になくすことができるので、不要な方はゼロにしてしまいましょう。

②換金率の高い商品を大量に購入しない

ブランド品や新幹線回数券、商品券など換金率が高い商品を大量に購入するとカード会社に目をつけられてしまいます。

そのため可能な限り、換金率が高い商品は大量に購入しないようにしましょう。

③クレジットカードの支払いは滞納しない

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと、カード会社からのスコアリングも悪くなりクレジットカード現金化の疑いが厳しくなってしまいます。

そのためクレジットカードの支払いはくれぐれも滞納しないようにしましょう。

返済が厳しいと感じたら、分割払いに切り替えるか事前にカード会社に申し出るのも1つの手です。

④現金化業者を利用する

自分でクレジットカード現金化をする場合、換金率の高い商品を購入し転売しなければいけません。

そのためカード会社にクレジットカード現金化が疑われてしまう可能性が高くなります。

一方で現金化業者を利用すれば、カード会社にクレジットカード現金化がバレることなくお金を手にすることが可能です。

現金化業者はパワーストーンなど、換金率の低い商品をクレジットカード現金化に用いています。

そのため現金化業者を利用しても、カード会社に目をつけられることがありません。

またクレジットカード決済時には海外の決済代行会社を用いているため、カード会社は購入した商品を把握することが不可能です。

クレジットカード現金化をカード会社に疑われないようにする場合には、自分で現金化をするのではなく現金化業者を利用するようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は違法行為ではありませんが、カード会社の利用規約に反する行為です。

そのためクレジットカード現金化をするときには、カード会社に疑われないように行う必要があります。

  • キャッシングを頻繁に利用している
  • 換金率の高い商品ばかり購入している
  • 金融事故を起こしてしまっている

といった方はクレジットカード現金化の疑いがあるとカード会社に目をつけられているので注意しましょう。

もしもカード会社にクレジットカード現金化が疑われてしまった場合には、現金化目的であることをキッパリと否認してください。

そもそもカード会社にクレジットカード現金化を疑われないようにするには、自分で現金化をせずに現金化業者を利用するのがいいでしょう。