新幹線の回数券の売却が絶対にバレる理由

新幹線の回数券は高換金率でクレジットカード現金化ができる一方で、売却するとカード会社に現金化がバレるという注意点があります。

本記事では新幹線の回数券の売却がなぜバレやすいのか、新幹線の回数券を現金化に利用する際に気をつけなければいけない注意点などを詳しく解説して参ります。

新幹線回数券はクレジットカード現金化に人気の商品

新幹線

新幹線の回数券は、換金率が高くクレジットカード現金化に人気の商品です。

新幹線の回数券をクレジットカード現金化に利用する方法は次の通りです。

  1. みどりの窓口などでクレジットカードで新幹線の回数券を購入
  2. 購入した新幹線回数券を金券ショップなどで転売する
  3. 転売したお金を手にする

上記の方法で新幹線の回数券は簡単に現金化することができます。

東京-大阪間など利用者が多い新幹線の回数券ならば、95%前後の高換金率でクレジットカード現金化をすることも可能です。

新幹線の回数券の売却がバレやすい理由

新幹線のホーム

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社は現金化を硬く禁じています。

そのためクレジットカード現金化をする際には、カード会社にバレないように行わなければいけません。

しかしながら新幹線の回数券は、特にクレジットカード現金化がバレやすい商品です。

新幹線の回数券の売却がなぜバレやすいのか、次にその理由を解説していきましょう。

理由①クレジットカード会社が購入をチェックしているから

新幹線の回数券は前述の通り、換金率が非常に高い商品です。

そのため新幹線の回数券をクレジットカード現金化に利用する人は後を絶ちません。

クレジットカード会社もそのことを重々承知しているため、新幹線の回数券をカード購入する人のことを厳しくチェックしているのです。

特にキャッシング利用者や金融事故を起こした経験がある方は要注意人物とみなされ、新幹線の回数券の購入は見張られています。

新幹線の回数券を購入しただけでクレジットカード現金化が疑われてしまうので注意してください。

理由②高額決済になり、目に留まりやすい

新幹線回数券は数万円単位で購入することができます。

そのため高額なカード決済になりやすく、カード会社がクレジットカードの決済内容を確認する際に、目に留まりやすくなってしまいます。

決済額を不審に思ったカード会社が決済内容を調べて、新幹線の回数券だったことが判明するとクレジットカード現金化が疑われてしまうのです。

理由③不自然なカード決済になりやすい

新幹線の回数券を普段から購入している方は少ないでしょう。

にも関わらず、滅多に新幹線の回数券を購入しない人が急に大量の新幹線の回数券を購入したらクレジットカード現金化の疑いをかけられてしまうのは当然のことです。

また高換金率でクレジットカード現金化ができる新幹線の回数券は「東京-大阪間」や「東京-名古屋間」の回数券です。

ご自宅や勤務地がこの区間に関係のない方が新幹線の回数券を購入すると、クレジットカード現金化目的であると判断されてしまいます。

以上のように、クレジットカード現金化目的で新幹線の回数券を購入すると不自然なカード決済になりやすくなってしまいます。

お勤めなどで日頃から新幹線の回数券を購入しているわけではないのなら、新幹線の回数券の購入は控えた方がいいでしょう。

カード会社に新幹線の回数券の売却がバレると…

上述の通り、カード会社はクレジットカード現金化を硬く禁じています。

そのためカード会社に新幹線の回数券の売却がバレてしまうと、ペナルティを課せられてしまうのでご注意ください。

ペナルティとは例えば、「カードの利用停止」、「ブラックリスト入り」、「強制退会」などが考えられます。

中でも厳しいのが「カード残高の一括返済」です。

カード残高の一括返済を要求されると、分割払いやキャッシング利用などでまだ返済をしていない分のカード利用代金を、一括で返済しなければいけません。

一度に数十万円近い金額を用意しなければいけなくなり、非常に厳しいペナルティです。

新幹線の回数券をクレジットカード現金化に利用する際には、このような危険性があることを理解してから行うようにしてください。

新幹線の回数券の売却をバレずに行う方法

ホームに止まる新幹線

最後に新幹線の回数券の売却をクレジットカード会社にバレずに行う方法をご紹介していきます。

新幹線の回数券でクレジットカード現金化をお考えの方は、参考にしてみてください。

①大量の新幹線回数券を購入しない

一度に大量の新幹線の回数券をクレジットカードで購入すると、カード会社に現金化が疑われてしまいます。

そのため新幹線の回数券を購入する際には、1~3万円程度の少額に留めましょう。

どうしてもたくさんのお金が必要という方は、複数枚のクレジットカードで新幹線の回数券することをオススメします。

②自宅・勤務地に関係のない新幹線の回数券を購入しない

換金率が高い新幹線の回数券はやはり東京が区間に含まれている回数券です。

しかしながら自宅や勤務地に関係のない新幹線の回数券を購入するとカード会社にクレジットカード現金化がバレてしまいます。

そのためできる限り、自宅や勤務地に関係のない新幹線の回数券は購入しないようにしましょう。

特に新幹線が走っていない地域にお住いの方は、新幹線の回数券を購入すること自体が怪しい行為です。

③旅行シーズンに新幹線の回数券を購入する

どうしても新幹線の回数券でクレジットカード現金化をしたいという方は、新幹線の回数券を購入する時期に気をつけましょう。

お正月やお盆休み、ゴールデンウィークなどの旅行シーズンで多くの方が新幹線の回数券を購入する時期ならば、新幹線の回数券を購入しても怪しまれることはありません。

ただ年末年始とゴールデンウィークには、新幹線の回数券を利用することはできませんので注意してください。

転売しようとしても需要が低いため、売却するのは旅行シーズンが終わった後がいいでしょう。

まとめ

新幹線の回数券は換金率が高いので、クレジットカード現金化に利用しようと考える方は多いでしょう。

しかしながら新幹線の回数券はカード会社が厳しくチェックしている商品であり、売却するとほぼ確実に現金化がバレてしまいます。

【要注意!】クレジットカード現金化がバレるのはこんな人!

どうしてもお金が必要という方は、少額の新幹線の回数券を購入し売却する、勤務地や自宅に関係のない新幹線の回数券を購入しないなどの対策が必要です。

またカード会社にバレることなく、安全にクレジットカード現金化をしたいのであれば現金化業者の利用がオススメです。

現金化業者は新幹線の回数券のような換金率の高い商品を使わないため、カード会社にバレる心配がありません。

スマホから申し込みができ、手続きも簡単なので、すぐにお金を手にすることもできます。

ただ換金率はやや低くなってしまうため、新幹線の回数券を売却するか現金化業者を利用するかはご自身の状況によって決めるようにしてください。