Amazonギフト券の現金化がバレやすい理由と安全に換金を行う方法を解説

Amazonギフト券は換金率が高く、クレジットカード現金化によく使われています。

しかしながらAmazonギフト券の現金化はカード会社にバレる可能性が高く、クレジットカードが利用停止になる危険性があります。

そのためAmazonギフト券を現金化をする際にはくれぐれも注意が必要です。

本記事ではAmazonギフト券の現金化がバレやすい理由や、Amazonギフト券をバレずに行う方法について詳しく解説していきます。

Amazonギフト券を現金化する方法

お金が入ったびん

Amazonギフト券は換金率が高く、現金化に最適な商品です。

具体的な現金化の方法は以下の通りです。

  1. Amazonギフト券をAmazon内でクレジットカード購入
    (Eメールタイプがオススメ)
  2. 購入したAmazonギフト券を金券ショップや買取業者で転売する
  3. 転売したお金を手にする

上記の方法でAmazonギフト券は現金化することができ、95%前後という高い換金率でお金を手にすることができます。

Amazonギフト券の現金化は禁止されている

高換金率で現金化ができる一方で、Amazonギフト券の現金化は禁止されているので注意しなければいけません。

まずギフト券の発行元であるAmazonはAmazonギフト券の換金行為を禁じています。

加えてクレジットカード会社もショッピング枠の現金化目的での商品購入を利用規約違反としています。

Amazonギフト券の現金化は2つの会社から禁じられている行為です。

そのため発覚してしまったときのペナルティも重いものが課せられてしまいます。

Amazonギフト券の現金化がバレると…

Amazonギフト券の現金化がバレると、まずAmazonからは会員権の剥奪というペナルティがあります。

Amazonアカウントを停止されてしまい、今後はAmazon内で商品を購入することができません。

プライム会員権の剥奪、Amazonポイントも凍結されてしまう恐れがあります。

またクレジットカード会社からも、「カードの利用停止」や「強制退会」といった処分を課せられてしまいます。

ブラックリストに登録されてしまう可能性もあり、

  • クレジットカードを作ることができない
  • キャッシングが利用不可能になる
  • 教育ローンや住宅ローンが組めなくなる

といった弊害が生まれてしまいます。

Amazonギフト券の現金化はなぜバレやすい?

砂時計とお金

Amazonギフト券の現金化がバレやすい理由は、Amazonギフト券の換金率が高く現金化に利用する方が多いからです。

クレジットカード会社、Amazonもその事実を把握しているため、Amazonギフト券の購入には厳しく目を光らせています。

不自然なAmazonギフト券の購入があると、すぐに購入者に確認の連絡をするようになっているため、Amazonギフト券の現金化はバレやすいのです。

Amazonギフト券の現金化がバレるケースとは?

Amazonギフト券の現金化がバレてしまうケースとは、どのような場合なのでしょうか?

Amazonギフト券の現金化を考える前に、まずはご確認ください。

①カード会社から目をつけられている

  • キャッシングを頻繁に利用している
  • クレジットカードの支払いを滞納してしまっている
  • 過去に金融事故を起こしてしまったことがある

といった方々はカード会社から、クレジットカード現金化に手を出す可能性が高いとして目をつけられています。

そのような状況でAmazonギフト券の現金化を行ってしまうと、すぐに現金化はバレてしまうでしょう。

②大量のAmazonギフト券を購入した

数万円単位のAmazonギフト券を一度に大量購入すると、現金化が疑われるのは当然です。

現金化が疑われるような不自然なAmazonギフト券の購入は控えましょう。

Amazonギフト券の現金化をバレずに行う方法

ユーローを運ぶ人

続いてAmazonギフト券の現金化をバレずに行う方法をご紹介して参ります。

①大量のAmazonギフト券を購入しない

前述の通り、一度に大量のAmazonギフト券を購入すると不自然なカード決済となり現金化が疑われてしまいます。

そのため一度に大量のAmazonギフト券を購入するのはやめましょう。

「多くのお金が必要…」

という方は、複数枚のクレジットカードでAmazonギフト券を少額づつ購入するか、期間を分けてAmazonギフト券を購入するようにしてください。

②プレゼント用として購入する

Amazonギフト券は人気の商品であるため、家族や友人へのプレゼントに使われることも多々あります。

プレゼント用として購入すれば、現金化目的の購入だと疑われる可能性は低くなるでしょう。

Amazonギフト券を購入する際には、ラッピングをしたりメッセージを添えることができます。

そのようにプレゼントとして購入すれば、万が一Amazonギフト券の現金化を疑われてしまった場合でも「プレンゼント用の購入です」と言い逃れをすることも可能です。

まとめ

Amazonギフト券は95%前後という高い換金率で現金化をすることができるため、クレジットカード現金化の際に人気の商品です。

しかしながら換金率の高さ故に、Amazonギフト券の現金化はバレやすいという注意点があります。

加えてAmazonギフト券の現金化はカード会社とAmazonの両社に禁止されている行為です。

発覚してしまった際には、二重にペナルティを受けてしまうため、現金化の際には重々危険性を理解してから行うようにしましょう。

特に以前からカード会社に目をつけられている方は、現金化がバレる可能性が高いため、Amazonギフト券の現金化は控えた方が賢明です。

【参考サイト】クレジットカード現金化がバレるのはこんな人!

それでもAmazonギフト券の現金化を行う際には、大量のAmazonギフト券を購入せずに少額の現金化に留めてください。

またプレゼント用として購入し、現金化と疑われないようにするのも大切です。

バレずに現金化をするなら現金化業者の利用がオススメ

残念ながら、Amazonギフト券の現金化はバレやすいため、クレジットカード現金化には不向きと言えます。

カード会社にバレることなくクレジットカード現金化をするのならば、現金化業者を利用するようにしましょう。

現金化業者を利用すれば、換金性の低い商品を購入するため、カード会社に怪しまれることがありません。

また優良業者ならば、海外の決済代行会社を利用しているため、カード会社は決済内容を把握することが不可能です。

以上のように現金化業者を利用すれば、カード会社にバレることなく安全にクレジットカード現金化をすることができます。

手数料はかかってしまいますが、

  • 金融ブラックになりたくない…
  • 安全にクレジットカード現金化をしたい

という方は現金化業者を利用するようにしましょう。