クレジットカード現金化を自分でする方法!換金率が高い商品を解説

ショッピング枠を現金化してお金を手にするクレジットカード現金化は、誰でも簡単にできることをご存知だったでしょうか?

本記事ではクレジットカード現金化を自分でする方法や、自分で現金化する際にオススメの商品、そして自分でクレジットカード現金化をするメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

自分でクレジットカード現金化をする方法を知りたい方や現金化業者の利用とどちらが安全か迷っている方はご参考にしてください。

クレジットカード現金化は自分でもできる!

クレジットカード現金化のために買い物をする

クレジットカード現金化の仕組みはとても単純で、業者を利用しなくても自分ですることができます。

具体的な現金化の方法は、以下の通りです。

  1. クレジットカードで換金率が高い商品を購入する
  2. 購入した商品を転売する
  3. 商品の売却代金を手にする

以上のように、自分で行うクレジットカード現金化を簡単に言えば「転売」です。

ただ自分でクレジットカード現金化をする際には、換金率が高く需要がある商品を転売しなければいけません。

転売に不向きな商品を購入してしまうと、買い手が見つからず購入代金分のお金を損してしまいます。

そこで続いて、どのような商品がクレジットカード現金化に向いているのか詳しく見ていきましょう。

①商品券・新幹線の回数券などの金券類

Amazonギフト券や信販系ギフトカード、新幹線の回数券などは換金率が高く、クレジットカード現金化の定番商品です。

金券ショップなどに持っていけば、90%以上の換金率で現金化をすることができます。

ただ近年はクレジットカード現金化防止のため、クレジットカードで購入できる商品券の種類は少なくなっています。

商品券の買取を拒否する金券ショップもあり、転売する前には必ず確認するようにしてください。

②ブランド品

HERMESやLVといったハイブランドのバッグや洋服、小物類は人気・知名度が抜群に高く、高換金率で転売することができるでしょう。

クレジットカード現金化の際には、ブランド品買取専門店で転売するのが最も確実です。

ただ商品の質などによっては、換金率が低くなってしまうのでご注意ください。

③貴金属類

アクセサリー・ジュエリー類も自分でクレジットカード現金化をする際には、よく使われています。

特に金は値崩れがしにくく、価値が上がる可能性も高いため、クレジットカード現金化に利用することができます。

アクセサリーやジュエリーを転売する際には、貴金属買取専門店を利用するといいでしょう。

④家電製品・ゲーム機類

家電製品やゲーム機類は価格が高いため、クレジットカード現金化に利用すれば多くのお金を手にすることができます。

特にゲーム機は熱狂的なマニアが存在するため、ハード・ソフト両方とも転売にオススメです。

最新の機種だけでなく、レトロなゲーム機でも高い価格がつくことがあります。

そのためゲーム機類を転売する際には、買取業者ではなくフリマサイトやネットオークションを利用するといいでしょう。

上手くいけば、元値より数倍高い価格がつくことも期待できます。

自分でクレジットカード現金化をするメリットとは?

クレジットカード現金化の申し込みをする人

自分でクレジットカード現金化をするメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  • 現金化業者を利用する必要がない
  • 高い換金率でクレジットカード現金化ができる

それぞれ簡単に見ていきましょう。

①現金化業者を利用する必要がない

クレジットカード現金化を行う現金化業者の中には悪徳業者と呼ばれる詐欺・ヤミ金も存在しています。

悪徳現金化業者を利用してしまうと、高い手数料を取られるといった被害にあってしまうので注意しましょう。

ですが自分でクレジットカード現金化をすれば、そのような悪徳業者の被害にある心配がありません。

そのため安心してクレジットカード現金化をすることができます。

②高い換金率でクレジットカード現金化ができる

現金化業者を利用すると、手数料がかかってしまいますが自分でクレジットカード現金化をすれば手数料はかかりません。

またAmazonギフト券や新幹線回数券ならば、90%以上の換金率で現金化をすることも可能です。

したがって自分でクレジットカード現金化をすれば、高い換金率でお金を手にすることができます。

自分でクレジットカード現金化をするデメリットとは?

クレジットカード換金するためのカバン

自分でクレジットカード現金化をする際には、注意しなければならないデメリットや注意点が存在します。

具体的には以下の3点が挙げられます。

  • 換金率が決まっていない
  • クレジットカード現金化がバレやすい
  • 面倒で時間がかかる

順番に詳しく見ていきましょう。

①換金率が決まっていない

自分でクレジットカード現金化をする場合、換金率に確実性はありません。

実際に転売をするまで、いくらの換金率になるかは分からず、予想よりも換金率が低かったということも十分に考えられます。

特にフリマサイトやネットオークションを利用して転売をする場合は、買い手が見つからずに、いつまで経っても現金化ができない可能性もあります。

自分で行うクレジットカード現金化は確実性が低いと言えます。

②クレジットカード現金化がバレやすい

自分でクレジットカード現金化をする場合には、換金率が高い商品を購入する必要があります。

しかしながらAmazonギフト券や新幹線の回数券といった商品は、クレジットカード現金化によく使われるため、カード会社が厳しく購入を見張っている商品です。

クレジットカード現金化がカード会社にバレると、「カードの利用停止」や「強制退会」、「残高の一括返済」といったペナルティを課せられてしまいます。

最悪の場合には、金融ブラックに登録されてしまうかもしれません。

自分でクレジットカード現金化をする場合には、くれぐれもカード会社にバレないように気をつけてください。

③面倒で時間がかかる

自分でクレジットカード現金化をするには、換金率が高い商品を用意して転売をしなければいけません。

転売の際には買取専門店に商品を持って行ったり、フリマサイトに出品する必要もあります。

そのため自分で行うクレジットカード現金化は、準備が面倒で時間がかかってしまいます。

「明日までにお金を用意しなければいけない…」

という場合には、自分でクレジットカード現金化をするのは得策とは言えません。

現金化業者を利用した方が安全かつスピーディー

自分で行うクレジットカード現金化は、「安全性が低い」・「時間がかかる」というデメリットがあります。

そこでカード会社にバレることなく時間をかけずにお金を手にするのであれば、現金化業者の利用がオススメです。

現金化業者を利用する場合、商品は事前に現金化業者側が用意してくれています。

自分で換金率の高い商品を購入する必要がないため、安全にクレジットカード現金化をすることができます。

またネット型現金化業者を利用すれば、スマホから申し込みができ、申し込みから10分程度でクレジットカード現金化をすることも可能です。

安全かつスピーディーにクレジットカード現金化をしたいのであれば、現金化業者を利用するようにしましょう。

まとめ

自分で行うクレジットカード現金化の仕組みは転売です。

換金率の高い商品をクレジットカードで購入して転売をすれば、誰でも簡単にクレジットカード現金化をすることができます。

特に

  • Amazonギフト券
  • 新幹線の回数券
  • ブランド品
  • ゲーム機

などは換金率が高く、クレジットカード現金化の際にはオススメの商品です。

自分でクレジットカード現金化をすれば、現金化業者を利用する必要がないため手数料がかかりません。

そのため高い換金率でお金を手にすることも可能です。

一方で自分で行うクレジットカード現金化はカード会社に現金化がバレやすく、時間と手間がかかるという点には注意しましょう。

  • 「クレジットカードを利用停止になりたくない」
  • 「今すぐにお金を用意しなければならない」
  • 「金融ブラックになると困る…」

という方は、現金化業者の利用がオススメです。