商品券の換金と現金化業者の利用はどちらがオススメ?比較してみた

商品券の換金と現金化業者の利用、お金に困った時にはどちらを利用すべきなのでしょうか?

換金率やスピードなど、項目ごとに詳しく解説して参ります。

自分でクレジットカード現金化をするのか、現金化業者を利用するのか迷っている方はご参考にして下さい。

自分で商品券の換金を行うのと現金化業者を利用するのはどちらがオススメ?

クエスチョンマーク

自分で商品券を購入し、金券ショップなどで転売をすれば、自分でもクレジットカード現金化をすることが可能です。

一方でクレジットカード現金化は、現金化業者と呼ばれる専門業者を利用することでもお金を手にすることができます。

「お金に困った時には、自分で商品券の換金を行うのと現金化業者を利用するのと、どちらがいいのか?」

とお考えの方も多いでしょう。

そこで次に、現金化業者を利用してクレジットカード現金化を行う方法と自分で商品券の換金を行う方法を比べてみましょう。

自分で商品券の換金を行う方法と現金化業者を比較

それでは具体的に、自分で行う商品券の換金と現金化業者を比較していきましょう。

今回は、以下の6つの項目ごとに比較していきたいと思います。

  • 換金率
  • 調達スピード
  • 匿名性(家族や友人にバレないか)
  • クレジットカード会社にバレる危険性
  • 手にできるお金の大きさ
  • 手続きの大変さ

詳しく解説していきます。

①換金率

商品券の中でも、Amazonギフト券やJCBカード、GooglePlayカードなどは換金率が特に高く、90%近くの換金率でクレジットカード現金化を行うことができます。

一方で現金化業者を利用する場合、手数料などがかかってしまいますので換金率は80%前後となります。

したがって換金率という点から比較すると、商品券の換金の方が高換金率でお金を手にすることができます。

同じ金額で現金化を行うのであれば、商品券の換金がオススメです。

②調達スピード

続いて、換金行為を行ってからどのくらいのスピードでお金を手にすることができるのかをそれぞれ比較して参ります。

そのために、簡単に両者の換金方法を見てみましょう。

まずは商品券の換金からです。

  1. 商品券を専門サイトより、クレジットカードで購入する
  2. 購入した商品券を金券ショップやフリマサイト、ネットオークションなどで転売する
  3. 転売したお金を手にする→商品券の換金完了

一方で現金化業者を利用する流れは以下の通りです。

  1. 現金化業者に申し込みをする
  2. 身分証明書を提出する
  3. クレジットカード決済を行う
  4. 現金化業者から商品購入代金がキャッシュバックされる

比べてみてお分かりのとおり、現金化業者を利用した方が流れはスピーディです。

申し込みはスマホやパソコンから行うことができ、身分証明書を提出してクレジットカード決済が完了すればすぐにお金が入金されます。

手続きがスムーズに行われれば、最短10分程度でクレジットカード現金化をすることも可能です。

一方で商品券を換金する場合、まず自分で商品券を購入しなければいけません。

紙媒体の商品券の場合、購入した商品券が自宅に届くまで時間がかかります。

さらにそこから、届いた商品券を転売しなければいけません。

商品券の換金をする場合、残念ながら最短即日でお金を手にするのは不可能です。

金券ショップが少ない地域によっては、お金を手にするまでに数日も要することも考えられます。

スピードという観点から比較すれば、現金化業者に分があると言えるでしょう。

③匿名性(家族や友人にバレないか)

現金化業者を利用する場合は、クレジットカード決済を行うだけでお金を手にすることができます。

またネット型現金化業者を利用すれば、来店する必要はないため誰かにクレジットカード現金化を利用していることがバレてしまう心配はありません。

したがって現金化業者を利用すれば、高い匿名性の下クレジットカード現金化をすることができます。

一方で商品券を換金する場合、まず商品券を購入するという行為自体を怪しまれてしまう可能性があります。

また自宅に商品券が届くため、ご家族の方にクレジットカード現金化がバレてしまうことも否めません。

上手く隠し通せれば問題はありませんが、現金化業者を利用する方法に比べて商品券の換金は現金化行為を見つかってしまう可能性は高いと言えます。

④クレジットカード会社にバレる危険性

クレジットカード現金化も、商品券の換金もどちらも違法性はありません。

しかしながら、どちらもクレジットカード会社や商品券の発行元会社は禁止している行為です。

特にクレジットカード会社に換金・現金化行為がバレてしまうと、

  • 強制退会
  • カード残高の一括返済
  • ブラックリスト入り

と言ったペナルティが課せられてしまいます。

特にクレジットカード会社にバレやすいのは、「商品券の換金」の方です。

Amazonギフト券やJCBカードなどは換金率が高いため、クレジットカード会社は購入を厳しく見張っています。

そのため、商品券を購入した時点で換金行為がバレてしまう可能性があります。

一方で現金化業者を利用する場合、クレジットカード現金化に使用する商品はパワーストーンやCDなど換金性の低い商品ばかりです。

また現金化業者は海外の決済代行会社を利用しているため、日本のクレジットカード会社は決済内容を把握することができません。

したがって、現金化業者を利用すれば、クレジットカード会社に現金化が発覚する事は無く、安全にお金を手にすることができます。

商品券を購入してお金を手にする方法は、リスクが大きいので注意してください。

⑤手にできるお金の大きさ

次に手にできるお金の大きさ、金額を比較してみましょう。

商品券の金額は、種類ごとに異なりますが、最低500円で、最高は1万円程度です。

したがって数万円〜10万円単位のお金を手にするとなると、大量の商品券を購入する必要があります。

ただ大量の商品券を購入する行為は、クレジットカード会社の目に止まりやすく、注意しなければいけません。

一方でクレジットカード現金化で手にできる金額は、クレジットカードのショッピング枠次第です。

ショッピング枠に空きがあれば、数万円〜数十万円と言った金額でも、手にすることができます。

安全かつ大きな金額を手にできるのは、現金化業者を利用する場合です。

⑥手続きの大変さ

急な支払いに追われており、焦っている場合には、手続きの大変さも重要です。

商品券を換金する際には、まず自分で商品券を購入する必要があります。

またフリマサイトやネットオークションで商品券を換金する場合には、購入者と配送方法や入金方法のやりとりを行わなければいけません。

加えて商品券を梱包したり、配送する必要もあります。

一方で現金化業者を利用する場合、利用者はクレジットカードと身分証明書を用意するだけで利用することができます。

申し込みはスマホからでき、自宅からでもクレジットカード現金化の利用は可能です。

クレジットカード現金化に使用する商品は予め現金化業者が用意しており、キャッシュバック方式を採用している現金化業者ならば、商品を再送する必要はありません。

したがって現金化業者を利用した方が、簡単にお金を手にすることができます。

急な支払いに追われている際には、現金化業者のご利用がオススメです。

それぞれの利用ケースを解説

iPadとコーヒー

最後に、商品券の換金と現金化業者の利用、それぞれの利用ケースを解説して参ります。

まず商品券の換金は、換金率に優れているため、

「高い換金率で、お金を手にしたい」

という場合に有効でしょう。

一方で現金化業者を利用する方法は、

「誰にもバレずにお金を手にした」

「最短即日でお金が必要」

「クレジットカード会社に見つかることなく、現金化をしたい」

「明日までに、必須の支払いがある」

と言った場合に有効と言えます。

まとめ

商品券を換金してお金を手にする方法と、現金化業者を利用してお金を手にする方法の二つを比較・解説して参りました。

それぞれの方法に特徴やメリット・デメリットがあるため、ご利用の際には自身の資金ニーズによってどちらを利用するかを決めましょう。

換金率重視ならば、商品券の換金が、

スピード・匿名性・金額を重視するのであれば、現金化業者のご利用がオススメです。