クレジットカード現金化と商品券の換金、お金に困ったらどちらがオススメ?

商品券の現金化と、クレジットカード現金化はどちらもお金に困った際によく使われる金策です。

どちらも似た様な方法でお金を手にするため、「どちらを利用すべきなのか分からない…」という方も多いでしょう。

そこで本記事では、クレジットカード現金化と商品券の換金を項目ごとに比較し、どちらを利用すべきなのかをお伝えして参ります。

クレジットカード現金化と商品券の換金を比較してみよう

クレジットカード現金化と商品券の換金を迷っている人

それではより具体的に、クレジットカード現金化と商品券の換金を比較していきましょう。

比較する項目は、以下の5つです。

◉換金率
◉お金を手にするまでのスピード
◉手にできる金額
◉バレやすさ
◉手続きの簡単さ

それでは順番に解説していきましょう。

①換金率を比較

クレジットカード現金化の換金率は最高で80%程度です。

現金化業者に支払う手数料がかかってしまうため、どうしても換金率は低くなってしまい、当然ながら100%の換金率で現金化をすることは不可能です。

一方、Amazonギフト券やJCBギフトカードといった換金性の高い商品券は、90%を超える換金率で現金化をすることが可能です。

同じ金額を現金化に使うのであれば、クレジットカード現金化よりも商品券を換金した方が手にできる金額は大きいと言えるでしょう。

②お金を手にするまでのスピード

商品券を換金する場合、まずコンビニなどで商品券を購入する必要があります。

JCBギフトカードなどは専門のオンラインサイトで購入することができますが、商品がご自宅に届くまでには数日かかってしまいます。

そこから手にした商品を換金するには、ご自身で金券ショップなどを訪れなければいけません。

そのため商品券の換金はとても時間がかかってしまいます。

当然ながら、即日でお金を手にすることはできず、急なお金の入り用時にオススメはできません。

一方のクレジットカード現金化の場合、ネット型現金化業者を利用すれば、申し込みから最短10分程度でお金を手にすることができます。

ネット型現金化業者ならば、来店する必要はありませんので、地方にお住いの方や、ご自宅の近くに金券ショップがないという方でも問題ありません。

スピードという点で言うならば、クレジットカード現金化に軍配が上がります。

③手にできる金額

商品券を換金する場合、手にできるお金の大きさは商品券の金額に左右されます。

基本的に商品券一枚あたりの価格は数千円〜1万円程度で、換金率が90%だとしても手にできる金額は多くありません。

一方でクレジットカード現金化の場合、ショッピング枠の空き次第では数万円単位のお金を手にすることが可能です。

より多くのお金が必要…という場合にはクレジットカード現金化のご利用がオススメです。

④バレやすさ

商品金の換金も、クレジットカード現金化も両方とも発行元の会社の利用規約に反する行為です。

また前述の通り、商品券は90%を超える換金率で換金をすることができます。

そのため現金化に使われやすいという特徴があり、発行元の会社やクレジットカード会社は厳しく購入者を見張っています。

よって商品券の換金行為はバレやす いので、ご注意下さい。

一方のクレジットカード現金化の場合、現金化業者を利用すれば現金化行為がバレる心配はありません。

現金化業者は、クレジットカード現金化にパワーストーンなど換金性の低い商品を使っており、また海外の決済代行会社と契約しています。

そのため日本国内のクレジットカード会社は現金化行為を見抜くことができません。

安全にお金を手にするのであれば、商品券の換金よりもクレジットカード現金化がオススメです。

⑤手続きの簡単さ

商品券の換金は、自分で商品を用意しなくてはならず、また換金の際には金券ショップなどを訪れなければいけません。

一方のクレジットカード現金化は、スマホから簡単に申し込みをすることができ、来店などをする必要はありません。

自宅から一歩も外に出ることなくお金を手にすることも可能で、手続きはとても簡単です。

「時間がない…」

という方は、商品券の換金よりもクレジットカード現金化がオススメです。

商品券の換金とクレジットカード現金化のメリット・デメリットを比較

二台の車を比較する

商品券の換金とクレジットカード現金化の違いが分かったところで、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

まずクレジットカード現金化のメリットは以下の通りです。

◉申し込みから最短10分程度でお金が手に入る
◉スマホやパソコンから申し込みができる
◉ショッピング枠次第では、数万円単位のお金が手にできる
◉クレジットカード会社にバレない

一方で商品券換金のメリットは以下の通りです。

◉Amazonギフト券やJCBギフトカードならば90%を超える換金率で現金化ができる
◉最短即日での換金も可能

続いてそれぞれのデメリットも比較してみましょう。

まずはクレジットカード現金化のデメリットです。

◉悪徳現金化業者が存在する
◉手数料が高い

一方で商品券を換金する場合のデメリットは以下の通りです。

◉手間がかかる
◉近くに金券ショップがない場合は換金できない
◉クレジットカード会社や発行元の会社にバレやすい

クレジットカード現金化と商品券の換金、ご利用する場合はそれぞれのメリットとデメリットを比較してから、利用するようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化と商品券の換金という2つの金策を比較し、解説して参りました。

どちらを利用すべきか迷った際には、本記事を参考にしそれぞれの特徴やメリット・デメリットを考えて検討するようにしてください。

またクレジットカード現金化と商品券の換金行為は、どちらも違法ではありませんが、発行元の会社は禁止しています。

法的にはグレーな部分も多く、それ故悪徳業者も少なからず存在しています。

もしも悪徳業者を利用してしまうと、

●買取代金が入金されない
●個人情報が流出してしまう
●クレジットカードを不正利用される
●ヤミ金や詐欺のターゲットにされてしまう

などの被害が想定されます。

くれぐれもご利用の際には注意するようにしてください。