クレジットカードを換金する方法を分かりやすく解説

クレジットカードの換金とは、カードのショッピング枠をお金に換えるという方法のことです。

通称「クレジットカード現金化」と呼ばれ、クレジットカードさえあれば誰でも簡単に数万円〜数十万円のお金を手にすることができます。

本記事ではクレジットカードを換金する方法や、クレジットカードの換金をする際に知っておくべきメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

クレジットカードを換金する方法

お金と幸せを比較する

クレジットカードを換金する方法は大きく分けて2つあります。

それはクレジットカードで購入した商品を転売して換金する方法と、現金化業者を利用してクレジットカードを換金してもらう方法です。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

①クレジットカードで購入した商品を転売する方法

クレジットカードで換金性の高い商品を購入し、買取専門店やフリマサイトなどで転売をすれば、クレジットカードを換金することができます。

転売に用いる商品は、

  • ブランド品
  • 家電製品・ゲーム機類
  • 商品券・金券(Amazonギフト券や新幹線の回数券など)

が換金率が高いため、お勧めです。

この方法ならば、自分でクレジットカードを換金することができます。

具体的には70%から95%の間の換金率となります。

②現金化業者を利用してクレジットカードを換金する方法

「自分で商品を用意して、転売するのは面倒…」

という方は、現金化業者を利用してクレジットカードを換金することもできます。

手数料はかかってしまいますが、転売するための商品は現金化業者が用意してくれますし、現金化業者が買い手になってくれるため、確実にクレジットカードを換金することができます。

換金率は手数料分を差し引いて80%前後で一定です。

90%を超える換金率でクレジットカードを換金することはほぼ不可能ですが、確実性とスピードを求めるのであれば現金化業者のご利用をお勧めします。

クレジットカードを換金するメリット

イエスとノーを比較する人

クレジットカードを換金することは、単にお金を手にできるだけではありません。

それ以外にも多くのメリットがあります。

次に詳しく解説していきましょう。

①審査がない

クレジットカードを換金するという行為は、借金ではありません。

クレジットカードを換金してお金を手にする際に、審査は不要です。

そのため金融ブラックになってしまっている方やフリーター・無職など信用情報が低い方でも問題なく利用することができます。

②即日でお金を手にすることができる

クレジットカードを換金する方法は前述の通り、とても簡単に行うことができます。

商品を転売する方法はやや手間がかかりますが、それでも購入から転売まで即日で行うことができるでしょう。

特に現金化業者を利用すれば、必要な手続きは全て業者側が行ってくれますので、申し込みから最短数十分程度でお金を手にすることも可能です。

③匿名性が高い

クレジットカード換金は商品を購入し、それを転売するだけなので、誰にもバレずにお金を手にすることができます。

利用しても信用情報に記録されることはなく、職場やご家族の方に知られることはありません。

「誰にもバレずにお金を手にしたい…」

「カードローンはバレそうで怖い」

という方でも、クレジットカードの換金ならば安心です。

クレジットカードを換金するデメリット

riskという文字のサイコロ

クレジットカードの換金にはメリットがある一方でデメリットも少なからず存在します。

具体的には次のようなデメリットがあることにご注意ください。

  • クレジットカード会社の利用規約に反する
  • ヤミ金や詐欺業者も存在している
  • 自己破産ができなくなる

順番に詳しく解説していきましょう。

①クレジットカード会社の利用規約に反する

クレジットカードを換金する行為は違法ではありません。

しかしながら最初から換金目的でのクレジットカード利用は、カード会社の利用規約上で禁止されています。

そのためクレジットカード換金はカード会社の利用規約に反する行為です。

もしもカード会社にクレジットカードを換金したことがバレてしまうと、

  • クレジットカードの利用停止
  • 強制退会
  • カード残高の一括請求

などのペナルティを課せられてしまいます。

よってクレジットカードを換金する際には、くれぐれもカード会社にバレずに行う必要があります。

②ヤミ金や詐欺業者も存在している

クレジットカードの換金は前述の通りカード会社の利用規約に反する行為であり、法的にはグレーゾーンなサービスです。

そのため現金化業者の中には、利用者を喰いものにしようとする悪徳業者も少なからず存在しています。

悪徳業者を利用してしまうと、騙されて手数料を高く取られたり別の詐欺のターゲットにされてしまう恐れがあります。

過去には現金化業者を装ったヤミ金業社が逮捕されており、現金化業者を利用する際にはくれぐれも安全性を確かめなければいけません。

③自己破産ができなくなる

クレジットカードの換金は法的にグレーであり、カード会社が禁止している行為です。

また手にしたお金は後日、カード会社に返済をしなければいけません。

しかしながらカード会社への返済ができなくなり自己破産をしようと思っても、自業自得と見なされ、自己破産をすることができなくなってしまいます。

クレジットカードの換金が発覚した時点でブラックリストに登録されるため、自己破産だけでなく新規カードの発行や住宅ローンを組むことすら難しくなってしまうでしょう。

安全にクレジットカードを換金する方法

クレジットカード現金化の説明をする人たち

クレジットカードの換金は危険性が多いため、利用する際にはカード会社にバレずに行う必要があります。

安全にクレジットカードを換金する際には、以下の点に気をつけるようにしましょう。

①換金性の高い商品を購入しない

換金性の高い商品は、カード会社が換金行為を見抜くために厳しく見張られています。

特に商品券は新幹線の回数券、ブランド品をクレジットカードの換金に利用すると、ほぼ確実にカード会社にバレてしまうでしょう。

そのため換金性の高い商品をクレジットカードで購入するのは控えましょう。

②現金化業者を利用する

換金性の高い商品を購入するとカード会社にクレジットカードの換金がバレてしまいます。

したがって安全性という観点から言えば、自分でクレジットカードの換金行為を行うことはお勧めできません。

そこでクレジットカードを換金する際には、現金化業者を利用するようにしましょう。

現金化業者はパワーストーンや安物のジュエリーといった換金性の低い商品を換金行為に使っています。

それらの商品は換金性が低いため、カード会社の監視を掻い潜ることができます。

よって現金化業者を利用すれば、カード会社に換金がバレることなく安全にお金を手にすることが可能です。

③少額の利用に留める

高額なクレジットカードの換金をしてしまうと、カード会社に目をつけられてしまいます。

またカード会社への支払いも困難になってしまうため、クレジットカードを換金する際には少額の利用に留めるようにしましょう。

まとめ

クレジットカードの換金は誰でも簡単にできるため、お金がないときには大助かりな金策です。

しかしながら反面、危険性も多いため利用する際にはくれぐれもカード会社にバレないようしましょう。

また現金化業者を利用する際には、詐欺やヤミ金ではないかどうか事前にチェックしてから申し込みをするようにしてください。