クレジットカードで購入した商品券を換金する方法

クレジットカードで購入した商品券を換金する方法を、商品券の種類ごとに詳しく解説していきます。

  • 商品券を換金する方法が分からない…
  • 換金すると、どのくらいのお金を手にすることができるの?
  • 商品券を換金することに注意点や危険性はある?

などとお悩みの方は本記事をご参考にしてみてください。

クレジットカードで購入した商品券を換金する方法

たくさんのギフトカード

商品券は換金率が高く、クレジットカード現金化によく使われる商品です。

そのため近年は商品券をクレジットカードで購入することが難しくなっています。

そんな中で、現在でもクレジットカードで購入できる商品券は以下の2種類です。

  • 信販系ギフトカード
  • ウェブマネータイプの商品券

それでは次に、それぞれの商品券を換金する方法を詳しく見ていきましょう。

①信販系ギフトカードを現金化する方法

クレジットカード会社が発行している商品券のことを、信販系ギフトカードと言います。

有名どころで言えば、JCBギフトカードやUCギフトカードなどが挙げられます。

信販系ギフトカードを換金する方法は次の通りです。

  1. クレジットカードで信販系ギフトカードを購入する
  2. 購入した商品券を金券ショップに持っていく
  3. 商品券を買い取ってもらい、買取代金を手にする

また信販系ギフトカードは人気の商品であるため、フリマサイトやネットオークションでも換金することができます。

信販系ギフトカードをネット上で換金する方法は、以下の通りです。

  1. クレジットカードで信販系ギフトカードを購入する
  2. ネット上に購入した出品する
  3. 入札・買い手が見つかれば、転売する
  4. 信販系ギフトカードを発送し、買取代金を振り込んでもらう

信販系ギフトカードの換金率はいくら?

信販系ギフトカードは人気が高く、利用用途も幅広い商品券です。

そのため換金率も高く、金券ショップでは90%以上で換金することができます。

フリマサイトやネットオークションでも90%以上の換金率で換金することが可能ですが、販売手数料がかかる点には注意しましょう。

例えばヤフーオークションでは、販売手数料として10%かかります。

販売手数料の分、換金率は低くなってしまうため、信販系ギフトカードを換金するのであれば金券ショップがオススメです。

②ウェブマネータイプの商品券を換金する方法

ウェブマネータイプの商品券とは、Amazonギフト券やGooglePlayカード、iTunesカードなどのことを指します。

いずれもウェブ上でお金として利用することができるため、ウェブマネータイプの商品券と言われています。

ウェブマネータイプの商品券を換金するには、金券ショップに買い取ってもらう方法が最も確実です。

  1. クレジットカードでウェブマネータイプの商品券を購入
  2. 購入した商品券を金券ショップに持っていく
  3. 商品券を買い取ってもらい、買取代金を手にする

上記の方法で、商品券を換金することができます。

しかしながら大黒屋やチケットアクセスといった大手金券ショップでは、Amazonギフト券の買取に対応していません。

Amazonギフト券は有効期限が設定されているため、金券ショップとしては在庫リスクがあるため、買取に消極的となっています。

それでもウェブマネータイプの商品券は、専門の買取業者を使って換金することができます。

特に有名なのはAmazonギフト券買取業者です。

ウェブマネータイプの商品券の換金率はいくら?

ウェブマネータイプの商品券の換金率は、商品券の種類ごとによって異なります。

具体的には以下の通りです。

  • Amazonギフト券…90%後半
  • GooglePlayギフト券…90%前半
  • iTunesカード…80%後半

やはりAmazon内での買い物に利用できるAmazonギフト券が最も人気が高く、換金率も最高となっています。

商品券を換金するメリットとは?

商品券を転売する方法を解説

続いて商品券を換金してお金を手にするメリットについて詳しく見ていきましょう。

①現金化業者を使わなくて済む

自分でクレジットカードで商品券を換金すれば、現金化を使わなくても現金化をすることができます。

現金化業者に余計な手数料を支払う必要がなく、悪徳業者に騙される心配もありません。

②換金率が高い

これまで解説してきた通り、クレジットカードで購入できる商品券は人気が高く、換金率もほぼ全ての商品券で90%台を誇ります。

自分でクレジットカード現金化をする商品としては、新幹線回数券と並んで高換金率の商品です。

商品券を換金するデメリットとは?

Amazon現金化をする注意点を示す人

高換金率で換金ができる商品券ですが、現金化する際には気をつけなければならないデメリットもあります。

続いて商品券を換金するデメリットについて見ていきましょう。

①少額のお金しか手に入らない

換金率が高いとはいっても、商品券一枚一枚の金額は微々たるものです。

そのため商品券を換金しても、少額のお金しかに手にすることはできません。

多くのお金が必要…というときには、商品券の換金は最良とは言えないでしょう。

②手間と時間がかかる

商品券を換金するには、まず商品券を手元に用意しなければいけません。

加えて金券ショップに出向いて買い取ってもらうまでにも、時間がかかります。

フリマサイトやネットオークションで換金する場合には、さらに多くの手間と時間がかかってしまうでしょう。

以上のように、商品券の換金はとても面倒な方法です。

「明日までにお金を用意しなければいけない…」

というときには別の金策を考えた方がいいでしょう。

③クレジットカードが利用停止になる

商品券は換金率が高く、クレジットカード現金化によく利用される商品です。

反面、カード会社が厳しく利用を見張っている商品でもあります。

したがって商品券を使ったクレジットカード現金化はカード会社にバレやすく、カードが利用停止になるリスクが高い行為です。

またクレジットカード現金化がカード会社にバレてしまうと、ブラックリストに追加されたり、カード残高の一括返済を要求されるといったペナルティが課せられてしまいます。

くれぐれも商品券を換金する際には、以上のようなデメリット・危険性があることを理解しておきましょう。

まとめ

仕事用のデスクでAmazonギフト券現金化の方法を調べる人

クレジットカードで購入できる商品券の種類は2つあり、大きく分けて信販系ギフトカードとウェブマネータイプの商品券となります。

両方とも金券ショップや買取業者を利用すれば、90%以上の換金率で換金することができます。

しかしながら商品券の換金は、手にできる金額が低く手間と時間がかかります。

加えてカード会社にクレジットカード現金化がバレるというデメリットもあり、オススメできる方法ではありません。

そこでより簡単に、安全にクレジットカード現金化をするのであれば、現金化業者を利用するようにしましょう。

現金化業者を利用すれば、クレジットカードが利用停止になる心配なく現金化をすることができます。

ネット型現金化業者を利用すれば、スマホ申し込みで最短10分程度でお金を手にすることも可能です。

クレジットカードのショッピング枠次第では、数万円単位の高額なお金を手にできます。